Celebrate Tango no Sekku: Embrace Tradition and Clear Away Malevolent Energies

端午の節句:伝統と邪気を払い

みなさま、こんにちは!

端午の節句が近づいてきました。日本では、さまざまな祈りや願いを込めて五節句を祝いますが、同時に邪気を払えるこれほど良い機会はありません!

「邪気」という概念には、病気、悪意、さらには不気味なものも含まれます。医学がそれほど発達していなかった昔は、病気になることは死を意味していたので、季節の変わり目に人々が邪気を払おうと考えるのは理にかなっています。

この負のエネルギーが蓄積されると、本人だけでなく周囲にも悪影響を及ぼすと考えられています。「病は気から」ということわざがありますが、これは単に身体的な病気だけではなく、悪いエネルギーが心に宿り広がることを意味します。このエネルギーが蓄積されると、さらに悪いものを引き寄せることってありませんか?常に望ましくない状況に陥っている人は注意!でも忘れていはいけないことは、誰にでも起こりうるということです。

私たちは知らず知らずのうちにこの負のエネルギーを集めているかもしれません。特に季節の変わり目には溜まりやすいとされていますので、新たな気持ちで新しい季節を迎えるためにそれを浄化する良い時期なんです。

神社やお寺に行って邪気を払ってもいいですし、私はワクワクする楽しいことを思い浮かべて、妄想していると不思議ですが友達や家族からお誘いが来るんです!そしてそういう時は何かのサインだと思って、感謝の気持ちを込めてプレゼントをしたくなるんです。相手の顔を思い浮かべて風呂敷で包んでいると、なんだかワクワクしますし、結ぶと、気持ちを込められた感覚があります!


ぜひ試してみてはいかがでしょうか?


6月には、魔法のように心と体を整理してくれる日本の「包む」と「結ぶ」の技術を楽しめるワークショップを開催する予定です。詳細は後日お知らせします。

不思議と心が整う、包むと結ぶの日本の作法を楽しめるワークショップを6月に開催する予定です。詳しくはまたお知らせいたします!お楽しみに🎵

 


Retour au blog